rinlife

Mariana Blinova Interview

Mariana Blinova Interview

思慮深い生活を送っている世界中の人々を紹介するコーナーです。 「おはよう」から始まる彼らの1日はどのようなものなのでしょうか? August 2, 2019 Yano Sena PR / Voice actor みなさんこんにちは!KUDENスタッフのセナです。 この連載では世界中の”凛”な人々をインタビューで紹介していきます! 今回のインタビュイーのMariana Blinovaはウクライナのキエフに住んでいます。 旅ブロガーである彼女は、旅を通じて何を感じ、何を考えているのでしょうか? インタビューでぜひ彼女の素晴らしい世界観に触れてみてください。※これは過去に公開されたアーカイブ記事です※ インタビューは2018年春に行われたものであり、当時のご本人の情報や心境をお伝えしております。 Good morning,world! Mariana Blinova Interview 居住地:キエフ(ウクライナ)  あなたが朝起きて必ずすることは何でしょう?        私は早起きが好きではありません。  私にとっての完璧な朝は、忙しさとはかけ離れた穏やかな時間です。私の毎日の”お決まり”は1杯のブラックコーヒー。コーヒーは私を目覚めさせてくれます。そうして、その日を始める準備ができるんです。  私はラッキーです。だって、毎朝窓を開けるとそこには、美しいキエフの右岸のパノラマが広がっているんですから。  私はこの景色を堪能します。この美しさと無限に広がる感覚は、今日一日が素晴らしいものになると私に伝えてくれているようです。 あなたの普段のスケジュールを教えてください 私は”ルーティン”というものが嫌いで、何よりも人生における多様性を好みます。ですから、1日1日が他とは異なる、新たな日なのです。  しかし、柔軟なスケジュールには明確な計画と自制心が必要です。  私は普段、日曜日に1週間の計画を立てます。私は何かに遅れることが嫌いなので殆どデッドラインを破るということもしませんし、期限を遵守します(特に、自分自身で設定したものは)スケジュールには、いつも自分の為の時間や家族との時間も織り込んでいます。  地元でお気に入りの場所はありますか? お気に入りの場所は、私の生まれ故郷であるキエフです。  私はキエフのドニエプル川に架かる橋が大好きです。右岸と左岸を見渡す景色はいつ見ても素晴らしいものです。 人生とは、旅そのものである 〜マリアナの場合〜 お気に入りの映画は? 『風と共に去りぬ』 お気に入りの本は? アーネスト・ヘミングウェイの『海流のなかの島々』 お気に入りの音楽は? ミュージシャンに強い思い入れがあるタイプではなく、自分自身の気分によってプレイリストを作っています。今はウクライナのミュージシャンに興味関心があります。  Daha Braha, Onuka, Oken Elzy 好きな食べ物は? チーズ! 好きな花は? 蘭です 好きな色は? ここ数年は、グリーンが私のお気に入りのカラーです。強さ、豊かさ、そして穏やかさを示す色です。同様に赤、紫、白、黒も好きです。 思い出深い土地は? ー今のお気に入りの国はモロッコです。最高の都市は、ロンドンです。 いつか行ってみたい国はありますか? 世界中を旅することは私の人生であり、また趣味でも仕事でもあります。私は30以上の国と約260の都市を訪れました。  世界はとてつもなく広大です。私には沢山のプランがあります。  日本、ナミビア、シンガポール、ノルウェー、アイスランドを訪れる日を夢見ています。  私は砂漠が好きです。私は世界中の、全ての砂漠を訪れたい…そして勿論、いつの日か南極大陸を訪れることも願っています!  子供の頃の夢を教えてください 子供の頃の私は夢追人でした。それは今も変わりません。幼少時代、私には沢山の夢がありましたので、その全てを思い出すことはできません。その中には、建築家になりたい、科学的な発見をしたい、80日で世界を一周をしたいといった夢がありました。 それでは今夢中になっているものを教えてください。 私は全ての表現において”アート”というものの虜です。特に絵画、建築、ファッションに興味があります。  私は常にクリエイティビティの本質に向き合い、作者のアイデアや、作品を通じて私たちに何を伝えたいのかを理解したいと思っています。 私は少しだけですが絵を描きます。古い家具やインテリアをリペアしたり、インテリアと建築のデザインも勉強しています。 これらは、人間の創造性を成長させ、より広い視野で考え、新しいアイデアを生み出す為の手助けとなります。 アートは、あらゆる側面からの人生を見る為の「何百という己の内なる視点」を私たちに与えてくれます。 あなたの現在の夢は何ですか? 夢を実現させる為には、その夢を秘密にしておく必要があります。そして、夢を実現するために日々努力しなければなりません。  今私にはいくつかの夢があります。それぞれ全く異なる夢ですが、私は日々そのそれぞれに触発され、良い状態で日々を過ごす為の力をもらっています。 自分が何故、何のために、誰を楽しませる為に生きているのかを理解することは、全ての人にとって大きな幸せですね。 羽織のコーディネートについて Black haori with white pattern この羽織は色んなシチュエーションで着ることができます。 日常着やフェスティバルには特におすすめです。私は小さな黒いドットの白シャツとモノクロの靴を合わせました。 友人を訪ねたり、仕事に行ったり、勉強に出かけたり、散歩にも…どこにでも着ていくことができます。自身のライフスタイルや気分にマッチしていることが大切です。こちらのコーディネートは先ほどとは違い少し劇的で、わずかに30年代のスピリットを含んでいます。  ポピュラーなブランドである「アンドザストーリーズ」のワンピースに、ウクライナのブランド「Otaman」の手刺繍の靴、Rigaのデザイナーによるブッククラッチバッグ、そしてイスタンブールの市場で購入したザクロの形をした大きなイヤリングを合わせました。 これはもう一目惚れでした。都会の女性にぴったりな羽織…スタイリッシュで簡潔で落ち着いているのに変わっている。  白と黒のコンビネーションも気に入りました。モノクロのファッションを合わせることが好きなんです。羽織には赤と緑の小さなドロップパターンが描かれていて、春の蕾や葉脈を連想しました。  この羽織は生き生きとした自信を持った女性、活動的なライフスタイルを確立しているような女性にぴったりだと思いました。 Only one HAORI in the world Mariana select "Colorful flower...

Read more
Designer’s Voice #3

Designer’s Voice #3

KUDENのDESIGNERである佐藤貴浩の日々の暮らしで得た思い、発見などを綴ります。 エシカルな生活を実践する彼の日常や、デザイナーとしての思考を、彼の言葉でお届けします。 July 27, 2019 Yano Sena PR / Voice actor みなさんこんにちは! 本日はKUDENのデザイナーTAKAHIRO SATOに、これまでの彼のキャリアや歴史について話を聞きました。 Designer's Voiceシリーズ最後の投稿です! Designer’s Voice #3 -デザイナーとしてのスタートはいつですか? 私は小さいことから物をつくったり、分解して構造を見るのが好きな子どもだった。家中の時計やおもちゃを分解して、母を困らせた事もたくさんあったよ。まだ小さいから、分解出来ても組み立ては出来なかったからね。 そんな私が小さい頃に夢見たのは車のデザインをする事だったんだ。しかし、私の家は裕福ではなかったので、成績は上げていても、大学で工業デザインを学ぶことは適わなかった。奨学金なども考えたが、母が苦労をしているのをずっとみていたので、すぐに働くことが出来る専門学校を私自身が選んだんだ。日本の大きな車メーカーの専門学校で、車の構造と整備の勉強に明け暮れたね。車の構造を学ぶことは、今のデザインする上での僕の興味や哲学に大きく影響していると思うな。車には小さなネジまで数えると約3万個以上の部品からできているんだ。その小さなネジ一つを取ったって、何かしらの機能と役割を果たすために、デザイン設計されている。これは凄いことだよ。意味の無い部品は一つも無いんだ。大学でプロダクトデザインを机上で学ぶより、エキサイティングだと感じたよ。身体を動かして、手で触って、臭いをかいで、重さを感じて、その小さな部品一つの役割を五感を通して学べたことはとても興味深い体験だった。 その後、私は未熟にも関わらず勢いで無分別な行いをしてしまう。専門学校をドロップアウトして、もう一つ夢見ていたミュージシャンを目指して東京へ飛び出したんだ。せっかく母を楽させてあげたいと選んだ道なのに、どうしても自分のやりたいことを我慢できなかったんだ。でも東京に移ったお陰で、デザインの仕事に携わる切っ掛けになった。売れないバンド活動をする傍らゲーム会社でアシスタントプロデューサーとして働く事になったんだ。アシスタントプロデューサーと聞こえはいいけど、企画もデザインもシナリオも書いた。ここで0から物を作る事を学び始めた………振り返ると思うね。その後も大手のゲーム会社で広告やWEBサイトの立ち上げなどでずっとデザインの仕事に携わり続け、デザイン会社を起業し、働き過ぎて身体を壊して倒れてしまって畳んだ経験を経て、今のGerbera Designという変わったデザイン会社を経営している。そして、離れて暮らす、障がいある息子の為に一緒に働く場所を作ろうと決意し、このKUDEN by TAKAHIRO SATO というアパレルブランドを立ち上げたんだ。 -あなたのキャリアはとても複雑ですね? こんな風変わりな経歴のデザイナーなので、じつはデザイナーと名乗ったのはつい最近なんだ。プロデューサーやアートディレクターと名乗っていたね。美術大学で学んだわけでも、デザイナーに師事したこともない。全部、仕事の実体験を通して独学で腕を磨いてきたんだ。きっと心のどこかで自分を劣等感から差別してたんだと思う。私はデザインを学んでいない。王道の道を歩んだデザイナーでは無いと。そしてもう一つは反抗心から。私を王道の道を歩んだデザイナーと一緒にするな!小さい器の人間だったんだね。たくさんのデザインの仕事をしてきたというのに。でも、息子の存在が、支えてくれるスタッフ達が私に勇気と自信をくれた。 KUDENで初めて服のデザインをする事に挑戦するときから、私はデザイナーと名乗ったんだ。その肩書きに恥ずかしくないこのデザイナーという仕事を、心を込めてやり遂げようと覚悟を決た。 そう。Samuraiの様にね。 -あなたのデザイン哲学を教えてください。 私のデザインに対する哲学は、車の構造や整備を学んだ、どんな小さなネジにも役割や機能があって、デザインされていて、ムダな部品は一つも無いという実感と、ゲーム制作を通して学んだ、何も無いところから物を作り出す体験が大きく影響していて、商業におけるデザインとは「何かの目的を果たす手段」だと私は定義している。 「なぜこれを作成するのか?この制作物は果たすべき目的に寄与できるのか?」という概念よりも、見た目の事を気にして「視覚的に綺麗にする」=デザインと呼ぶ人も多いと思う。もちろん、見た目の美しさもこだわるが、それよりも先に最も重要と思っているのがそのデザインの果たすべき目的は何か?その目的は誰が誰に向けて行うのか?歴史やコンテキスト(文脈)を大切にしながら、果たす目的を達成する為のデザインコンセプトや物事の本質ををとことん突き詰める。このデザインのコンセプトに思考を巡らせるときが一番の面白い所でもあり、苦しみでもあるね。こんな所が、私のデザインにおける信条であり哲学だね。 -貴方のデザインした服をどのような人に着てほしいですか? 服を「着る」ということは第2の自分自身の皮膚を纏うのと同じだと私は捉えている。服はその人が生きる時代の空気や、その人の価値観、願望、未来への希望も「着ること」によって表現されてしまう。今の時代はとてもスピードが速くて私自身も経営者としてデザイナーとして、父として奮闘する日々に、忙しさやプレッシャーに時には負けて弱気になり、自分の信じた道、価値観などを見失うときもある。みんなもそうじゃないかな…そんな時に、この服を羽織ることにより、背筋が伸び、Samuraiの精神を宿すような凛とした佇まいで、「よし!自分の信念を貫こう。」「心を込めてやり遂げよう」と覚悟を決めたあなたの背中を押すような、そんなあなたや私の姿を周囲の人へ意思表明できるような服でありたいと思ってこの服にSamuraiの名前をつけたんだ。一度はみんなも見たことがあるはず。日本のアニメやマンガや時代劇。信念を曲げずに生き抜くSamuraiの姿を。「私こそ現代のSamuraiだ」「強く優しく信念を貫くSamuraiだ」あなたは現代のSamuraiになる。Samurai Mode Jacketを羽織って、ビジネスの大事なシーンに、あなたの晴れの日に、何気ない普段でもあなたを表現する肌の一部としてこの服を贈ります。 忙しいこのスピードが速い世界でも、誰かのために懸命に働き、自分の価値や信念をもって生きたい、貫きたいと思っている世界中の国も性別も年代も超えた人々に、是非この服を着て欲しいと思っているよ。着た瞬間にこの服の持つデザインのパワーを感じて貰えると思うな。 これからもこの信念で服をデザインしてみんなが喜ぶ服を産み出していきたいね。小さなブランドのスタートだけど、私もSamuraiの精神で挑戦していくよ。 いかででしたか? Takの人生はとてもディープでお届けしたい内容がたくさんあります! これからもお楽しみに! →Designer’s Voice #1 →Designer’s Voice #2 →Designer’s Voice #3 ニュースレター ニュースレターを購読して最新のお知らせを受け取ることができます。 詳細はこちら

Read more
Ethical Letter #1-2

Ethical Letter #1-2

エシカルに関わる情報を漫画でわかりやすくお届けします。これからエシカルな生活を送りたいと思っている皆様と共にエシカルについて考え、勉強していくコーナーです。 Ethical Letter #1-2 エシカルってどういうこと? part 2 前半はこちらから ニュースレター ニュースレターを購読して最新のお知らせを受け取ることができます。 詳細はこちら

Read more
Designer’s Voice #2

Designer’s Voice #2

KUDENのDESIGNERである佐藤貴浩の日々の暮らしで得た思い、発見などを綴ります。 エシカルな生活を実践する彼の日常や、デザイナーとしての思考を、彼の言葉でお届けします。 July 19, 2019 Yano Sena PR / Voice actor 皆さんこんにちは。 今回お届けするのは、デザイナーTakahiro Satoのインタビュー第2弾です。 Samurai ModeシリーズとKimonoの関係や、Samurai Modeをデザインするにあたってのインスピレーションなどを語ってくれました。 Designer’s Voice #2   - 前回のインタビューでは、日常からkimonoは姿を消しつつあるという話をうかがいました。 それでは”現代のライフスタイルに適したkimono”はどんなものだと考えますか?  デザインに入る前に最初にしたことは、ヴィンテージのkimonoや羽織を着てみる事からだったんだ。日本語には「温故知新」という言葉があり、「昔のことを研究すると、そこから新しい考えや知識を導きだせ る」という意味なんだ。何が現代のライフスタイルに合わないのか?を探るのに、着付けのこと、素材、手入れ方法などを実際に着ることを体 験して、学ぶことから始めたよ。Kimonoを研究することによって、何が現代のライフスタイルに合わないのか?が浮き彫りになってきたんだ。 たとえば、お手入れに関しても昔の正絹(シルク)などは特殊なク リーニングが必要で、Kimono専用のクリーニングサービスが日本にはある程なんだよ。最近はポリエステルなどの洗える着物が出てきているけど、着付けが必要なことや、着ていく場所が限られていることに は変わりが無いんだ。その為今回のSamurai Mode Seriesをデザイ ン す る 上 で 、「 着 や す さ 」「 手 入 れ の し 易 さ 」「 シ ル エ ッ ト の 美 し さ 」 を 追 求する事をコンセプトに掲げたんだ。    - コンセプトが生まれたのですね。そこからすぐにデザインが出来たのですか? そのコンセプトを元にデザインラフを何度も書き直し、Kimonoや服の構造を知るために、自分でミシンで服や着物を縫うことを何度も行った。ミシンでまっすぐ縫うことも出来ない自分を知り、腕の良い縫 製職人を改めて尊敬したことは言うまでもないよ。 今回、最初に販売を スタートするのはSamurai Mode Jacketと名付けたジャケットになる。Kimonoに置き換えると羽織に相当する服になるんだけど、シャツ とパンツもジャケットと同時にデザインしていて、3つをあわせることで、遠目からみたらkimonoを着ているようにデザインしているんだ。 ただ、基本的にみんなに馴染みのあるジャケットとパンツとシャツな のでKimonoの様な着付けが必要が無く、誰でも着こなして貰えると思うな。    -誰でも着こなせる着物としてデザインするにあたって、その他に重要視した点や、難しかった点はありますか? 和裁と洋裁の違いということも、デザインをする上で、忘れては いけないポイントだった。洋裁は着る人の身体に合わせた型紙を作成し、パーツに分けた生地を縫うことで立体的な服を作る手法。和装では、反物という一枚の布からkimonoを仕立てる。Samurai Mode Jacketを例に和裁と洋裁の違いをもう少し詳しく話すとKimonoを作る手法の和裁は反物を1本を身体に当てて、着る人の身体に合った丈や使用する反物の長さを決めていく 。 リメイクや世代を超えてkimonoが残る様にしている事から、和裁は最初に「kimono」ありき で作り方の思想がスタートしているとも言えるね。 その為に反物(生 地)に戻す事を考えて、型紙を作らず裁断と縫製が行われるのが和装 でありkimonoの作り方になる。 洋裁は「人」ありきで作り方の思想がスタートしてると言えると考えている。洋裁は人ありきなので人にあわせた型紙から裁断が行われ、反物(生地)に戻すことを想定していない。このように2つの服の作り方の手法は違いがあると私は考えているんだ。 パタンナーとの打ち合わせ。彼女達は良き相談相手になってくれた。    - お話を聞いていると、着物は着るだけでなく作るのも大変そうですね? ですがKimonoというのは、一回作ったらそれで終わりというモノでは無く、 成長を見越して丈を伸ばせるようにあらかじめ仕立てていたり、汚れたり破れたときには修復したり、仕立て直して別の人が着たりKimonoを羽織に作り直したり、親から子へ子から孫へと次の世代に受け継いだり日本では1着のkimonoを、工夫して長く大切に着続けてきたんだ。 このようにkimonoは「一つのデザイン」にもかかわらず、生地の選択によって、日常着から晴れの日の格式あるkimonoと作り分けることも出来るし、Kimonoや帯、半襟などの組み合わせやアレンジ次第で、着る人によって組み合わせが無限に楽しめる、ロングライフデザインであると言えると思うな。    -その着物を、Samurai Modeシリーズとしてデザインし直したんですね? 私が今回のでザインを考える上で、現代のライフスタイルにあった...

Read more
Ethical Letter #1

Ethical Letter #1

エシカルに関わる情報を漫画でわかりやすくお届けします。これからエシカルな生活を送りたいと思っている皆様と共にエシカルについて考え、勉強していくコーナーです。 Ethical Letter #1 エシカルってどういうこと? 後半はこちら ニュースレター ニュースレターを購読して最新のお知らせを受け取ることができます。 詳細はこちら

Read more
Our partner sewing factory Marron Co., Ltd. went bankrupt because of the effect of cost reduction for subcontracting company etc.

Our partner sewing factory Marron Co., Ltd. went bankrupt because of the effect of cost reduction for subcontracting company etc.

Our partner sewing factory Marron Co., Ltd. went bankrupt because of the effect of cost reduction for subcontracting company etc. May 23, 2019 Takahiro Sato Gerbera Design inc. Designer / CEO Takahiro Sato Hello everyone. Thank you for always support us KUDEN. Here, designer Takahiro. 本日は悲しいお知らせがあります。 I had a call yesterday from president of Marron Co, Ltd., our partner sewing factory. And she said Marron went bankrupt. Our precious partner went out of business. Now I’m raging mad, silently but really. To myself, it was a selfish and naive customer. April in 2013, there was a tragic accident caused by...

Read more

Search