【4/2(金) 21:00〜】 『旅立つ息子へ』オンライン座談会に登壇します。

  明日、4/2(金)は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。
KUDENは僕が離れて暮らす知的障害で自閉症の息子と一緒に働く場所を作る為に立ち上げたブランドです。
この映画の主人公のお父さんもデザイナー。
そんな夢を知ってくださる作家のおおたとしまさ先生のご紹介で、
先行試写をさせていただきコメントを寄せさせていただきました。
そのご縁もあり、
映画「旅立つ息子へ」のオンライン座談会に登壇させていただきます。
**
ぜひ、映画と共にご鑑賞ください。

 

【映画情報】

「旅立つ息子へ」公開中

  監督は『ブロークン・ウィング』(02)、『僕の心の奥の文法』(10)で、史上唯一、東京国際映画祭グランプリを2度受賞したイスラエルの俊才ニル・ベルグマン。脚本家の父と弟をモデルに、弟が好んで観ていたチャップリンの傑作『キッド』で描かれる特別な絆にオマージュを捧げた。
そんな親子を再現したのは、イスラエルのベテラン俳優のシャイ・アヴィヴィと、無名の新人ノアム・インベル。特にインベルのリアリティある演技は天才的だ。彼の父が自閉症スペクトラム施設の職員で、小さい頃から施設の友達と触れあってきた経験も味方しているとはいえ、『ギルバート・グレイプ』で一躍注目されたレオナルド・ディカプリオの再来だと、すでに国内外で評判になっている。そして、監督と俳優陣の見事な手腕でイスラエル・アカデミー賞主要賞を総ナメした。
互いを信じ、思い合う姿が切なくも愛おしい。特別な絆で結ばれた2人の旅立ちに拍手を送りたくなる感動のヒューマンドラマが誕生した。

TOHOシネマズ シャンテほか全国公開中
©︎ 2020 Spiro Films LTD.

 


【イベント詳細】
発達障がいを理解し、誰もが生きやすい社会を考えよう
4/2(金)は国連が定めた #世界自閉症啓発デー

私たちが発達障がいを知ることで、何ができるのか。本作をきっかけに、その第一線で活躍する皆さんと一緒に語り合います。
映画の鑑賞とあわせて、ぜひご視聴ください。

『旅立つ息子へ』オンライン座談会開催
4/2(金) 21:00〜
■登壇者:
川田祐一(障害者ドットコム編集長)
佐藤貴浩(Gerbera Design代表/KUDENデザイナー)
橋謙太(NPO法人ファザーリング・ジャパン)

youtu.be/W6M1G0H5kPk
__________________________



★映画の詳細とTakのレビューはこちら>>