Ethical(エシカル)なファッションは
“継続可能な(サステイナブル)”である必要があります

一過性のエシカルを謳う事に意味はなく、生産に関わる自然環境や労働環境に配慮し、より良い環境で商品を提供し続けられるかどうかを常に考えなければなりません。

ブランドの利益を優先し、縫製工場に低賃金・短納期での仕事を強い続ければいずれその工場の経営は立ち行かなくなってしまいます。私たちが必要としている以上の大量生産は過剰な在庫を生み出す結果に繋がり、それが安く出回ると自社の価値が棄損されると危惧するブランドが自分たちの利益を守る為に大量に廃棄されているのが現状です。 これらが自然環境に過度な負担をかけています。

KUDENでは長く使い続けることができる環境への配慮=サスティナビリティがエシカルには必須だと考えています。

そうして新しく物を生み出すだけでなく、「既存の服や素材を使い捨てたり廃棄せず、作り手や環境に感謝しながら長く使い続けること」もサスティナビリティの重要な取り組みとKUDENは位置付けています。

Vintage kimono & haoriを扱うファッションライン

kimono story

大切にされたkimonoが遠い海を越え旅立つ物語

take in traditional accent to your life. Saave the haori almost thrown away

kimonoはKUDENの目指すロングライフデザインの代表です。 全てのkimonoは同じ形、すなわち1デザインであるにも関わらず、柄や色の違い、着こなしによってそのバリエーションは無限。現代においてもその形は変わりません。

ですから今もなお古いファッションに見えず多くの人に愛されています。 特に羽織は、着物とは異なり着付けが不要なため、ジャケットのように羽織るだけで簡単に”kimono style”をあなたのファッションに取り入れることができます。

しかし日本には、タンスにしまわれたまま廃棄を待つだけのいわゆる”死蔵”された着物や羽織が数多く眠っています。その存在を知られることなく廃棄されてしまうのは、その着物・羽織にとってもkimonoに憧れを持つあなたにとっても、悲しいことです。

ヴィンテージの羽織はサイズも柄も様々で全てが1点物。その中からお気に入りを見つけ、あなたのkimono storyを描いてください。

より多くの人に羽織を手に取ってもらうために目利きで商品の値付けをすることをやめました

一般的なヴィンテージの羽織はその商品の作られた年代、素材、絵柄、伝統的な技術など様々な要素から目きされ、およそ$1~$200(又はそれ以上)の値段となっています。(着物の場合はもっと種類が幅広く$1〜$1000の相場になります) ですが私たちの羽織の値段は コンディションごとの4種類のみ。目利きによる値段付けをやめたことにより、どの羽織も手に取りやすい価格に収めることができました。 利益を得ることよりも、捨てられそうな羽織を 誰かに来てもらうことが私たちの第1の願いだからです。 中には珍しい柄や高級な素材の ”掘り出し物”があるかもしれません。 宝探しをするように、あなたのお気に入りの1着を見つけてください。

値段とコンディションの理由

Premium

ほぼ汚れが無く状態が良いです。デザインが美しいものや日本の職人の技術を感じるものが含まれます。

Pretty good

ほぼ汚れが無く状態が良いです。思わぬ掘り出し物が眠っているかもしれません!

Very good

多少汚れはありますが、あまり目立たないものです。着用可能です。

Good

汚れはありますが着用可能です。お求めやすい価格で初心者さんにおすすめです。