Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants
Samurai Mode Pants

Samurai Mode Pants

Regular price 33,000 JPY
/

ハレの日から日常へ 日本から世界へ

世界で愛されるkimono。
そのトラディショナルなkimonoをファッションのプラットフォームとして解釈し、 世界中のkimonoを愛する人々が現代のライフスタイルに取り入れることができることを目指して、着付け不要の現代のkimono=“Next Kimono”としてリデザインしました。

私たちはNext Kimonoを”Samurai Mode Series”と名付けました。
ジャケット、シャツ、パンツの3アイテムで構成されています。

Samurai Mode Pantsはkimonoと同じ日本のトラディショナルな服の1つである袴をモチーフにしたユニセックスデザインのパンツです。
3アイテムを揃えてkimonoのように着こなすこともできれば、
Pantsだけでもカジュアルやフォーマルなコーディネートに取り入れて日常的にkimonoやSamuraiスタイルを楽しむことが出来ます。

kimonoと同じ和服の1種である袴から着想を得たデザイン。 紐を絞って裾の調整が可能です。
サルエルパンツのようなシルエットでよりカジュアルな着こなしに。 袴のようなSamurai styleと裾を絞ったNinja style。 1着で2つのシルエットを楽しむことができます。


*ご希望のサイズが無い場合はオーダーいただけます。(その場合カスタム料金は発生しません。

>>Samurai Mode Pants order


Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

SPEC

Material [Black][Ivory] 表地:トリアセテート69% , ポリエステル31% 裏地:キュプラ 100%
Care -ドライクリーニングをお勧め致します。
-アイロンをかける際は当て布をしてください。
The place of production Made in Japan

SIZE CHART

すべてユニセックスデザインです


FEATURE

Two-way

着物と同じ和服の1種である袴から着想を得たデザイン。
裾にはメインの生地と同じ素材で作られた紐が付いており、紐を絞って裾の調整が可能です。
サルエルパンツのようなシルエットでよりカジュアルな着こなしに。
この着こなしを、袴のようなSamurai styleと比べ、Ninja styleと名付けました。
シックなSamurai styleとクールなNinja style、 1着で2つのシルエットを楽しむことができます。

Hakama Redesign

袴の”腰板”のデザインを採用
日本古来の袴は、男性が履く男袴や神事を行う巫女さんが身につける緋袴のように、腰回りをしっかりと支える”腰板”がついています。
本来は腰回りを支える役目がある為、少し硬めの着心地となっています。
Samurai Mode Pantsでは着心地を重視し、腰板のデザインのみを継承していますで、現代のパンツと同じ様な着心地で袴のシルエットを楽しむことが出来ます。

Organic buttom

木の実から作られたオーガニックボタン
ボタンには”アイボリー・ナット”という素材を採用しています。 熱帯植物のタグワ椰子という木の実から作られています。 自然由来の素材な為、1つ1つが完全に同じというわけではありませんが、その風合いの違いも楽しんでいただきたいと思っています。

Material

高機能繊維を使用し、快適な着心地を実現

ジャケットに使用している生地はトリアセテート長繊維『ソアロン』を使用。1967年に日本企業三菱ケミカル株式会社で生産が開始されて以来、ファッションの創造性を高める画期的な繊維として常に注目され、業界においても高い評価をされています。生地にもこだわる事で、快適な着心地で袖を通したくなるジャケットを目指しました。
(Mitsubishi Chemical Corporation)

ETHICAL CHART

Samurai Mode Pantsは日本のHakama(袴)を現代のライフスタイルにRe-bootしたもの。 本来の袴のデザインを踏襲しポケットに作り変えるなど機能面を重視しています。また、本来腰回りを支える役割を持った腰板をシルエットのみを採用し、締め付けない様に設計されています。 歩いた際の動きや、履いていて心地の良い生地の選定など、デザイン面において高いポイントをつけています。

機能性やデザイン性を重視すると完全オーガニックの生地では、現状再現が難しいので現在は半ケミカルな素材であるトリアセテートを採用しています。 トリアセテート自体は石油由来でなく、天然パルプを素材として使っているので完全な化学繊維ではありません。 しかしボタンに関してはアイボリー・ナットという木の実から作られたものを採用しています。 このような理由で着心地とデザイン性を高め、自然環境のポイントが下がっています。

KUDENはメーカー都合のコスト削減の為の縫製工場へ過度な負荷をかけた短納期・大量生産を好みません。Samurai Mode Pantsは全て受注生産とし、お客様の注文が入ってから縫製工場へ発注をする形となります。原価率50%を実現する縫製工賃(現在の原価率に関しては下記の”価格について”を参照ください。)と、納期を相談していますので労働環境への配慮は高得点としています。 KUDENはSamurai Mode Jacketの制作でお世話になったマロンの倒産をきっかけに、さらに労働環境への配慮を高め、決して”誰かを犠牲にしたファッション”を作らないと決意しました。 今後、KUDENのビジネスを成長させ、提携している工場に検査を入れ更に労働環境に対する”エシカル”を更に高めていこうと計画しています。

PRICE SHEET

TO PROTECT WORKING ENVIRONMENT